いなかもん日記**ちっちと6匹の猫**

chichimaru.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ゆず( 4 )

ゆずに呼ばれた理由・・・その3

レントゲンの説明を受けた私はとても驚きました。

そのレントゲン写真に写っていたガリガリの子猫の腹部には写るはずの臓器が
なにもなかったのです。

「横隔膜ヘルニア」

だったのです。

本来お腹の中にあるべき臓器がすべて胸の中に。

先天性ならここまでも育ってないだろうということで
交通事故で横隔膜が破れてのことでしょうと。

しかも、足の怪我と同じではなく、たぶん、以前に遭った事故で
こんなことになりながらも、数ヶ月を生きたんじゃないかと。

なんと、まだ1歳にもなっていないのに、少なくとも2度の交通事故に遭ったと言うのです。

本来なら即手術ですが、時間が経ちすぎているため
どれだけ癒着しているかもわからず、手術に耐えられるかも
わからないと。

だから、このまま生きれるだけ生きて、何かあったらそのたびに
対応するほうが得策であるとのこと。

あまり長くは生きれないそうです。

なので、ガリガリなのはご飯があっても、みんなみたいに一度に
たくさん食べられないし、そうこうしているうちに食べ物がなくなったりで
ろくにたべていないんじゃないかということでした。

これからいっぱい食べてガリガリは治っても
お腹はぺったんこです。

走ることもできません。

私が連れて帰らなければたぶん、1,2日の命だったでしょうと。


うちでは父親がゆずの子かどうかもわからないのに・・・・

とか、母親を通じてこれ以上の猫禁止令が出されました。
(私と父親は仲が悪いので)
父親は本当の動物好きではありません。自分の気分で生きている人なので。


私は誰が何と言おうとこの子はゆずの子でゆずが私に託したんだと
思います。

この子を拾った日、すべてうまく運んだんです。

いつもの動物病院、土曜日の午後先生がいなくて行ったら休診・・・ってことも
よくある。前日にたまたまコロを連れて行く行かないで、父親が電話して聞いていたので
午後診療があることを知っていました。

そして仕事帰りになんとなくお金を下ろしとこうと郵便局へよりました。

ゆずを探しに行くとき、万が一・・・と思い、キャリーバッグを一旦忘れたけど
持って行った。

子猫を連れて帰ると決めてそのお店でケージを買うとき、ほしいのが在庫がないと
言われたけど現品売ってくれと粘っていたら他の店員が探してくれて在庫があった。

そして病院の閉まる時間が迫っていましたが、開いていることを知っていたので
とにかく直行できた。


~ゆずへ~

ゆずの大事な子、私が責任持って育てるからね。
いつか絶対、ゆずに会える日を信じてるよ・・・・・・・・・・
[PR]
by maru_chichi | 2009-02-09 17:58 | ゆず

ゆずに呼ばれた理由・・・その2

駐車場を2周したとき、その仔猫はとても快適とは言えないようなところでじっとしていました。
一度えさをあげたから付いてくるだろうと思ったのに、全くそれがない。

そして少し離れたところでみるとなんと、カラスがっ!!!!!!

弱っているとみて今にもつつこうとしていました。

そのとき私は決断しました。

というより、全てを悟ったような気がしました。

この子は間違いなくゆずの子で、私にSOSを送ったのはきっとゆずが

「私の子供を助けて!」

だったのではないでしょうか・・・・・・・

探しながら色々考えましたが、もしゆずが自分自身に助けを求めていたなら
逃げ出してひとりぼっちになったとき、私は事実を知ることになったんではないでしょうか。

そう思えてならなくなった私は、
「わかったよ、ゆず、この子は私にまかせて・・・・心配ないからね」
と、涙が止まらなくなりました。

そのままそのお店でケージを買って、その足で獣医さんのもとへ車を飛ばしました。

ガリガリのその子は足に大怪我を負っていました。

先生は、これは車にはねられたんでしょうね~と。

そしてなんと、今日はねられた傷ですと。
なので、幸いハエがたかるようなことはなく、骨に異常もなかったので
塗り薬で治りそうです。

高熱が出ていてかなり具合わるいはずなのに、ゴロゴロ止まりません。
先生は、とても性格がいい子だと思うと。

でもなぜ、今日はねられたなら、この子はこんなにガリガリで
そばにいたもう1匹は元気でまるっとしていたのかしら・・・・・・

その答えは、足のレントゲンを撮ったときに何かおかしいと先生が
全身の写真を撮ったことで判明しました。

長くなったので続きにします・・・・・・

みなさんはどう思いますか?

私の考えはおかしいでしょうか?
クロネコはゆずの子で、瀕死のわが子を救ってほしくて私を呼んだのでは
ないのでしょうか?
今日で4日目ですが、いまだゆずには会えません。
子離れしていると言っていたから、もしかしたら、ゆずは居場所を変えたのかも
しれません。
[PR]
by maru_chichi | 2009-02-08 14:51 | ゆず

ゆずに呼ばれた理由

昨日は仕事帰りにゆずがいるというスーパーへ行きました。

大型スーパーで駐車場もかなり広く裏手が山という場所。
私達もよく買い物に行きます。

残念ながら昨日は猫の子1匹見当たりません。
というか、真っ暗で何も見えませんでした。

そして今日。
とてもいいお天気で、なんだか予感めいたものが。
もしもに備えて、食べ物とキャリーバッグを持って出かけました。

車をを止めて広い駐車場を歩き始め、
カート整理のおじさんに猫を見かけないかと尋ねました。

「猫??いやぁ見ないねぇ」

ここの駐車場はかなり広いので人が止めないところがかなりあります。
山に接している草むらを「ゆず~~ゆず~~」と
呼びながら歩く。

「ゆず~~~」
「な~~ん」
!!!!!!!!!!!!

まさかっこんなにも簡単に会えたのか????

「ゆず???」
「な~~ん」

ドキドキ・・・・・・・・


でもそこに居たのは真っ黒い猫でした。

「君はどう見てもゆずではないよ・・・・・・」

でもよく見るとガリガリにやせている。
そして年のころは1歳ならないくらいか・・・・・
持っていたえさをやってみる。

すごい勢いで食べた。
ん???
まてよ。

ゆずは子供を産んでいたと言っていたな。
しかも子離れしたようで一緒にいなくなったと。

するとすぐそばにこっちを睨んでいる子発見。
もう1匹いたんだ。でもこっちの子はまるまるしている。
声をかけただけで逃げていった。

おそらく兄弟。

でもこの子はどうしてこんなにガリガリ?

足を怪我しているようだ。

私の頭によぎったのは、この子達はゆずの子供・・・・・?

つづく・・・・・
[PR]
by maru_chichi | 2009-02-07 23:58 | ゆず

知りたくなかった事実

今日、とても悲しいことがありました。

仕事帰りに猫のえさなどを買いにホームセンターに寄った時、
同じ売り場でキャットフードを見ている親子に見覚えがありました。

そう、ゆずを里子に出した家族でした。

どうしようかなぁと迷いながらも思い切って声をかけました。

猫はどうしていますか?と・・・・・

その答えはとてもショキングなものでした。

ゆずは慣れることができずに脱走してしまったと。

そして近所で野良猫となり、子供も産んでいるとのこと。

呼んだら近づきはしていたものの捕まえることができなかったと。

ゆずを手放したとき毎日毎日とても苦しい思いをしました。
でも、そのときゆずもとても辛い思いをしていたのです。

私が自業自得な取り返しのつかない過ちを悔やんでいたとき
寂しくて、つらく、恐い思いをしていたのです。

どうしてすぐに連絡してくれなかったのか・・・・・
その言葉を飲み込みました。

その家族が悪いんじゃない。
もっと私が考えて考えて里親を決めるべきでした。
もっと、誰にでも懐ける猫になるまで里子に出すべきじゃなかったのです。
c0103205_2055699.jpg


私はゆずを、かわいいゆずを自分の手で・・・・・
ゆずの猫生を私が変えてしまいました。

帰りの車で涙が止まらず、今でも時々見かけるというスーパーに行ってみました。
最近は、仔猫とも離れ、オス猫らしき猫と一緒にいるという。

残念ながら会うことはできませんでした。

もちろん、私のことを覚えているわけもなく、さらにはおかんや空太のことも
もうわからないでしょう。

今さらどうしようもないのかもしれません。

ずっとずっと後悔していたけれど、きっと幸せに暮らしているだろうからと
思ってきました。

でも、これで私は償いようのない罪を犯してしまったことを
知ってしまったのです。

ちょうどうまく出くわすとも思えないけれど、そのスーパーへは
また行くつもりです。
c0103205_20521960.jpg

[PR]
by maru_chichi | 2009-02-05 20:55 | ゆず
line

いなかもんまるとにゃんこの気ままな毎日


by maru_chichi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite